トップページ > 塾長挨拶

塾長挨拶


おかげさまで36周年!

目的ある行動がやる気を生み、惜しみない努力が成長を生む。「報われる努力」を約束します。

大沼学院は開校以来35年間、「教育は情熱」・「学力は気力」を合い言葉に「一人ひとりの生徒が満足する」ことを目標に、地元の進学塾として学習指導に当たってきました。入塾後の生徒の学力の伸びは他塾に追随を許さない結果を出しております。

また、学習環境も宮城県内では初のインターネットによる授業の生中継・自習室の完備・ご父母の皆さんが安心して塾に送り出せるように塾生の入退室をメールで即時にお知らせするピースメールの導入など大手塾にもない高度なサービスを提供できるようになりました。

お陰様で、当塾のこうした姿勢は多くの皆様のご支持を得て、現在では合格実績、授業内容とも地域最高水準の塾として評価を戴くまでに至りました。

学習指導というものは、「分からないところ」を「分かるように説明する」だけでは十分ではありません。「分かる」ことや「知る」ことが驚きや感動ですから、これを体験させ伝え、そして、さらに新しいことを学ぼうとする意欲を起こさせなくてはなりません。理解させることはある程度できても意欲を起こさせることはなかなか難しいことです。当塾ではこの指導を、緊張感のみなぎるクラス集団と工夫をこらした授業の中で実現しようと努力しております。

また、夏休みに仲間の学習塾と協力して、自然と一体となった生活を通して子供たちに今の生活を見つめ直す機会を与え“生きる力”を養うことを趣旨に『山の学校』を開設しております。

学ぶ厳しさ、学ぶ喜びを知った子供たちは自分の目標を自覚し、自分の夢に向かって歩み始めます。一回限りの自分の人生を真正面から見据える勇気と、自分自身で自らの人生を切り拓いていく力を育みたいと思います。

今後も皆様のご期待に十分応えられる塾教育を実現するよう研鑽を重ね、「生徒が自ら生き生きと学べる場」を追求してまいりますので、よろしくお願い致します。

大沼学院
塾長 大沼 信雄

ページのTOPへ